のもざき水仙まつり/メルヘン的世界で楽しみ、軍艦島も眺望

野母崎水仙まつり/潮風に吹かれる、水仙の香りに包まれる

毎年1月にイベントが開催される、長崎屈指の水仙スポットを楽しむ!

野母崎の美しい海と軍艦島を望む小高い「水仙の里公園」に植えられている水仙の数はなんと1千万本。毎年1月から2月にかけて水仙まつりを実施されます。

野母崎水仙まつりで行ったので、その記録を兼ねたご案内

2019年1月14日(成人の日)

成人した方々おめでとうございます!
私たちは、のもざき水仙まつりに出かけました。これまで行った事はありましたが、ここまで咲き誇った水仙を見たのは初です!!

公園案内板
道を迷うと?(笑)石碑がありました!

 

野母崎運動公園まで行く道は単純でわかりやすいですが、途中細くなったりするので、お気をつけて運転して下さい。 市内から行くと、途中でも軍艦島が右側に見られます。撮影されてる県外ナンバーを、よく目にしました。今回撮影しませんでしたが、夫婦岩と軍艦島が同時に撮れる場所があるので、そこがbestかもです。

kokona
例年通り県内外から多くの人が訪れ、来場者は水仙の香りと軍艦島を背景に野母崎の水仙に見入っていました。

子供心、童心に戻れるメルヘンな世界

野母崎運動公園案内板
臨時駐車場(グラウンド)から左側に向かうと子供広場があり、少しばかり子供が遊べる広場になっています。とは言え、何か可愛らしく大人も童心に戻る雰囲気を醸し出します。

小高い丘を登りながら

小高い丘を登る途中。
椿も咲いてました。

 

東展望所下の展望デッキへ向かうと、階段が道案内をしてくれます。その階段の両脇にも、目一杯に咲き誇る水仙に楽しめ疲れる事はありませんでした。 遠目に椿の木などがあり、それがまた絵本の世界に入り込んだ感じがしたり、心から楽しめますょ。

 

そんな雰囲気を味わい楽しみながら、展望デッキのすぐ側には、本当に水仙の絨毯のように水仙の段々畑が有り、その光景には目を奪われました! 残念ながら、東展望所までには行きませんでした。というか東展望所がある事を知らない者でございます。

のもざき水仙公園はかおり風景100選の地

かおり風景100選の地
絵本の中に入り込んだ雰囲気
海をバックに水仙が咲き誇る
ちょいとコラム
● 花言葉
・白/尊敬、神秘清楚
・黄/もう一度愛してほしい、私の元へ帰ってきて。
清楚で可愛いイメージをもつ水仙ですが、色で真逆の花言葉をもってます。これは、ギリシャ神話に出る「ナルキッソス」という美少年が黄色の水仙に変わった事に由来され、これが元にナルシストの言葉が誕生したと言われます。

世界遺産の軍艦島が眺望できる?

2015年に明治日本の産業革命遺産として世界遺産に認定された軍艦島にもグギ付?

肉眼でも姿は見られます。写真撮影をする場合、10倍以上の望遠で見ると撮影可能と思います。私も撮影しました!

のもざき水仙まつり/野母崎総合運動公園から見る軍艦島(端島)

水仙の花束プレゼント/出店ブースもあり

期間中の土日祝日は、来場者に水仙の花束をプレゼント!

期間中の土日祝日は、来場者に水仙の花束をプレゼント(本数には限りあり)。周辺の飲食店では特別海鮮メニューの他、食事が出来る出店ブースも賑わっていました。

kokona
環境省の「かおり風景100選」にも長崎県内で唯一選ばれていて、潮風に揺られる漂う、のもざき水仙の凛とした香りで目と香りと雰囲気でも、家族・友達・夫婦と特に花に興味がなくても、誰もが楽しめるイベントだと思いますョ。オススメです!
おすすめの記事